airbnbをしたいなら代行業者に依頼するのが賢明

不動産投資の考察

模型

不動産投資の規制

不動産やそれに関する権利を多人数で所有して、経営を不動産会社などの専門家に委託して、委託料を差し引いた利益を分配するのが、一般的に不動産投資事業と言われます。そのうちで特にその権利を小口に分けて商品として販売する方法は、不動産特定共同事業といわれます。これは、都道府県の監視と許可によるうえに、規定に違反した場合は罰則がある不動産特定共同事業法という非常に厳格な法律に安全性を担保されている商品であると言えます。みんなで大家さんは、不動産共同事業法によって、投資家が出資をして、不動産会社などの専門家が投資家の委託を受けて運用し、純利益の分配をする契約を法律で厳格に規制された投資家保護を図る商品です。このように、みんなで大家さんは、その他の特色と併せて、注目されてきています。

投資の商品の特徴

みんなで大家さんの特徴は、100万円の少額から出資できることと、賃貸物件の種類を商品のなかから選べることです。商品ごとに賃貸物件の内容がわかりますから、自分の希望に応じて商品を選択できます。また、銀行以上の利率が見込めるとも言えます。これは、特徴でもありリスクでもあります。法律の規制上、元本保証がされていないかわりに、商品にもよりますが、ある程度の利率が期待できるということです。リスクはこの元本保証がないことと確定利率でないことです。しかし、運営会社によって、事故に対するリスクができるだけ分散できるよう工夫はされています。この投資者へのリスク分散は、みんなで大家さんの特徴でもあります。具体的には、業者の資料等を見てみればわかります。第何号商品はどの種類の賃貸物件が多く予想利回りは何%などと記載されています。なお、分配された利益は、不動産所得でなく、所得税を源泉徴収された雑所得となりますから、確定申告の際、注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加