airbnbをしたいなら代行業者に依頼するのが賢明

仕組みとメリット

スーツの男性

急速に増加するサービス

ここ10年ほどの間、賃貸保証会社は一貫して増加傾向にあります。賃貸物件を借りる際、賃貸保証会社を利用したことがある方は多いのではないでしょうか。賃貸保証会社とは、賃貸契約をするために必要な連帯保証人が見つからない時、手数料を支払うことで連帯保証人になってくれるというサービスです。借主が家賃の滞納など債務不履行を起こした場合、借主に代わって債務を履行してくれます。家賃などを立て替えてもらった場合、後で立て替え分のお金は返済しなければなりません。賃貸保証会社が増加傾向にあるのは、連帯保証人を探しにくい高齢者や独身者が多くなったからです。また、核家族化が進んだ結果、親族にも連帯保証人を頼めない方が増加するなどの社会的状況もあります。

利用するメリット

貸主が賃貸保証会社を利用するメリットは、家賃滞納による損失を低減できることです。借主が家賃を滞納したとしても立て替えてもらえるのですから、家賃滞納のリスクを考えることなく賃貸物件を貸すことができます。借主のメリットは、連帯保証人を探さなくても賃貸物件が借りられることです。疎遠になっている親兄弟や関係の薄い親族などに頼みこまなくても、わずかな手数料を支払えば賃貸物件を借りることができます。高齢者や独身者、障がい者など、連帯保証人を頼みづらい方にとってかなり大きなメリットでしょう。借主のメリットは大きいものの、より大きなメリットは貸主にあります。なぜなら、賃貸保証会社には、滞納家賃の回収業者の側面があるからです。一般的に貸主に取り立てのノウハウはなく、家賃を滞納されたとしても取り立てにくいと感じる貸主は多いでしょう。その貸主に代わって滞納家賃を取り立ててくれるわけですから、貸主にとって頼りになる存在です。賃貸を借りる際、賃貸保証会社を利用する方はそのことをよく認識して利用しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加